転職サイトおすすめガイド|人気の秘訣とは?

*

転職活動をするなら退職後?在籍中?

   

①転職活動は退職してからと在籍中どちらにすべきか?
 転職活動において、退職してから行うか、在籍中に行うか迷います。そのどちらにもメリットがありますが、当然ながらデメリットもあります。そのため、一概にどちらが良いのがを言うことはできません。もし現在働いている仕事が精神的苦痛で体にも影響が出ているような状況であれば、すぐにでも退職して転職活動をしたほうが良いですし、特に現状の仕事に問題がない場合には、在籍中に転職活動をしたほうが良いかもしれません。どちらが良いかは自分自身の状況などと相談して決めるのが良いでしょう。

②退職してから転職活動をするメリットとデメリット
 退職してから転職活動をするメリットとして、まず時間をフルに使えるために、多くの求人検索、応募することができます。ほぼ全ての時間を転職活動に充てることができるため、多数の希望する企業に応募することができるのです。そのため、希望通りの企業に就職できるチャンスが多いのです。ただ、逆にデメリットとして、転職活動期間が長引くほど生活費がかかります。これまで加入していた雇用保険によって失業給付金は支給されますが、それも期間が決まっています。受給期間内に就職先が見つかれば良いですが、その期間を過ぎてしまうと収入0での転職活動となってしまうのです。

③在籍中に転職活動をするメリットとデメリット
 在籍中に転職活動することで、もし転職先が見つからなくても職を失うことはないために、安心して活動することができます。また、在籍中にもし転職先が見つかった際には、そこから退職手続きなどをして引き継ぎを行うことで、円満退社することができるのです。ただ、当然ながらデメリットも存在します。在籍している職種、部署、業務内容によって自由に動ける時間帯は異なります。フレックス制やある程度仕事中でも自由に動ける人は良いですが、そうでない場合には転職活動を思うように行えない可能性があります。まず面接するにしても、相手先と日程調整をしなくてはいけません。平日営業の会社に勤務していて、さらに相手先も平日のみの場合には、なかなか面接日程を決めることができません。そのため、思うように活動できないのです。

 - 退職に向けての注意点

  関連記事

円満退職の方法を間違えないために

①円満退職をする方法とは?  円満退社をするために1番気を付けなければならないこ …

転職のための退職で挨拶はどうしていくか

退職前の挨拶は何を語るか  企業によってはする必要がないかもしれませんが、大抵は …

転職先の入社でする挨拶は

簡潔に挨拶を  転職先でも新しく入社するとなればやはり企業の社員達へと挨拶をする …

転職者は円満退職をしよう

円満退職をするためには  転職をするとなれば今の企業から退職することになりますが …

no image
挨拶状は必ず必要?

①退職時の挨拶状の必要性とは?  退職をする際には挨拶状を送ることがありますが、 …

職場に早くなれるためにはどうしたらいいの?

 転職したら新しい職場に早く溶け込む必要があります。どうしたら集団の中で浮いてし …

転職での退職と有給消化の前提

有給申請に必要な出勤率80%の概念  転職が理由で退職するにあたり、たまっている …