転職サイトおすすめガイド|人気の秘訣とは?

*

転職をするための5つの流れ

 転職は何から手をつけるべきか。まずは何と言っても、流れの把握から。これを飛ばして求人を探す人が多いですが、それだと計画性に乏しくなり、良い転職活動になる順番とは言えません。流れを把握し、その流れの中で必要となる要素を知っておく、転職はここから始めるべきです。

転職準備をする

 求人を探す前に、準備から入りましょう。退職のタイミングを考えたり、鏡を覗き込むように自分を眺め内面や頭の中を確認する自己分析もしておかなければなりませんし、キャリアと向き合う作業や大まかなスケジュールを組み立てておくことも、転職準備を構成する要素となります。

【参考記事】
転職活動の計画はどう考えるか
自分の転職率はどれくらいか
転職活動を始めるタイミングはいつがいいか
自信を身につければ電話の苦手意識はなくなります
体調管理が常識なのは社会人として生きて行くため

求人情報を収集する

 さあ、準備が整ったらいよいよ求人情報を集めていきます。ここでは、できるだけ多種多様なサービスを使い、広い角度から情報を集めることが求められます。そして、求人情報を精査することも忘れずに。自分にとって素晴らしい求人や企業、これと出会うための眼力を養っておきましょう。

【参考記事】
転職での仕事探しはどうしていくか
転職者とハローワーク
転職者で見分ける「悪い求人」とは何か

履歴書や職務経歴書を作成する

 履歴書と職務経歴書は、自分自身であると捉えておくべき。出し惜しみをせず、しかし勘違いもさせない作りで、正しいあなたの姿を伝えなければなりません。送り方にも注意。添え状の書き方、封筒の選び方などにも注意し、ここでもマナーや常識を持った人間であることを伝えておきましょう。

【参考記事】
転職で履歴書を書く場合には
転職での自己PRは何を書くか
転職者が応募書類を送る際には

面接に行く

 面接では、いよいよ本当にあなた自身をチェックしてもらうことになります。身だしなみとマナーに注意し、長所や特長、持っている要素の中で企業に貢献できる部分の全てを出し切るつもりで臨み、また、それができるような準備を整えてこそ、この面接という壁を乗り越えることができるようになります。

【参考記事】
転職者の面接マナー
転職者が面接で聞かれる質問は
転職者は質問するならどのような質問をするべきか
転職面接とお礼状

退職・入社準備をする

 転職者が必ず経験する退職ですが、これが終わるまでは気合いを入れ続けていなければなりません。退職後に転職をする人は、退職の作業から気合いを入れ、それを転職活動へと繋げていきましょう。入社準備もその勢いで進めれば、良い状態のメンタルで新しい環境をスタートさせられるはずです。

【参考記事】
転職者は円満退職をしよう
転職のための退職で挨拶はどうしていくか
転職先の入社でする挨拶は
職場に早くなれるためにはどうしたらいいの?
転職での退職と有給消化の前提

公開日:
最終更新日:2016/03/15