転職サイトおすすめガイド|人気の秘訣とは?

*

自信を身につければ電話の苦手意識はなくなります

      2016/03/15

用事はメールではなく電話を活用

 電話が苦手だと自覚している人は、電話で会話をする機会を多く設けましょう。電話の苦手意識を克服するには、とにかく機会を増やして慣れるしかありません。

 普段の何気ない会話やちょっとした用事をメールで済ませてはいませんか?確かに楽ですし、相手に気を遣う必要もないのかもしれませんが、何気ない会話やちょっとした用事であっても、なるべく電話で行うようにしてみましょう。

 メールで資料を送る時なども、メールを送った後に電話をかけ、資料を送ったことを伝える。これはビジネスマナーとしても役立ちますし、電話の苦手意識をなくすためにも効果が期待できるでしょう。

言葉をハッキリと発音する練習を

 自信がない人は電話に苦手意識を持ちやすい。自信がない人は言葉をハッキリと発音できない人も多い。このあたりはきっとリンクしています。言葉をハッキリと発音できるようになれば、電話でのトラブルも減るはず。電話の相手にも内容がしっかりと伝わるようになりますし、相手に不快な思いをさせることもなくなるので、「失敗してしまった」と感じることが減ると思います。

 アナウンサーが行うような発音練習であれば、家にいながらでも簡単にできます。自分の声を録音するなどし、客観的に聞いた時に問題がないかを判断することを繰り返せば、自信を持って話せるほどの滑舌や発音の良さを手に入れることができるでしょう。

正しい日本語を勉強する

 発音と共に、正しい日本語も学んでおきましょう。これも自信に繋がり、電話の苦手意識をなくすことに貢献するはずです。

 特に覚えておきたいのが、電話対応時に必要となる正しい日本語。「電話をする」ではなく、「電話を掛ける」。「伝えさせていただきます」ではなく、「お伝え致します」。微妙な違いではありますが、こうした日本語を身につけるだけでも電話をするのが楽しく思えるかもしれません。

 恥をかくこともないでしょう。他にも電話対応時に必要となる言葉は多々あるので、そうしたものを勉強し、スムーズに使えるようにしておく。その結果、電話対応の欠点がなくなれば、次第に苦手意識もどこかへ消えて無くなっているでしょう。

【関連記事】
転職活動の計画はどう考えるか
自分の転職率はどれくらいか
転職活動を始めるタイミングはいつがいいか
体調管理が常識なのは社会人として生きて行くため

 - 転職準備をする

  関連記事

自分の転職率はどれくらいか

転職できる確率は  基本的に転職できる確率は若い世代程高く、高齢になるほど低くな …

転職活動の計画はどう考えるか

まずは情報を集めるところから始めよう  転職は誰に言われるまでもなく自分で考えて …

体調管理が常識なのは社会人として生きて行くため

 体調管理のひとつもロクにできないなんて情け無い奴だといわれることがあります。体 …

転職活動を始めるタイミングはいつがいいか

本格的な活動は求人が出てくる時期に  求人が出る時期というのはまばらであり、特に …